ミレニアル世代のお金と健康

20代30代が”お金”と”健康”に関する知識を身につけて、人生100年時代をより自由に生きる

WHOも警告する若者の難聴リスク|音量設定とイヤホン選び

f:id:millennial:20190219212648p:plain

WHO ITU standard for safe listening devices EC approved2019

若者の2人に1人 世界で11億人が、スマホ等で大音量の音楽を聴いていることで、難聴のリスクにさらされている、というニュースが流れています。

ミレニアル世代の健康課題として気になるので、情報ソースであるWHO(世界保健機関)の声明を確認してみました。

 

2月12日、"WHO ITU standard for safe listening devices EC approved2019" という、大音量の音楽と難聴リスクに関するレポートが発表されています。

https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/280085/9789241515276-eng.pdf

WHOの警告

世界の中高所得国に暮らす12-35歳のうち、50%近くがスマホやMP3プレーヤーで”安全ではない音量”で音楽を聴いているそうです。

また大音量で音楽を聴いた時の影響は、一時的なものではなく、耳の感覚細胞などに永久的なダメージを与えてしまいます。

(ライブやクラブで大音量を聴いた直後は、耳がぼーんとなって、一時的にダメージを受けている感覚はありますよね。それが実は永久的だというのは衝撃的です。)

この大音量のダメージ量は、[音の大きさ]と[音を聴いた時間]の掛け合わせで決まるそうです。

WHOでは目安となる、[大きさ(dB : デシベル)]と[時間(週あたり)]を示しています。一例を挙げると、

80dBなら、週に40時間以内

95dBなら、週に2.5時間以内

がリスクのある基準だそうです。また子供など感度の高い人は、もっと厳しい基準(80dBなら、週に12.5時間以内)を設定しています。

 

スマホで聴いてる音楽は何dB(デシベル)?

では80dBとか100dBは、どの位の音の大きさなのでしょうか。

こちらのWebサイトに、日常生活における音の大きさの目安が記載されています。

http://www.toukansoku.co.jp/products/souonn7.html

 80dB   地下鉄の車内

 90dB   騒々しい工場の中

 100dB ガードレール下

なんとなくイメージ出来ますが、実際にイヤホンで聴いている自分のスマホの音量が、何dBなのか気になりますよね。

参考になる情報として、ウォール・ストリートジャーナルの記事がありました。

f:id:millennial:20190219214622j:plain

スマホなどの携帯音楽プレーヤーの音量は、最大設定で105dB、平均的な音量設定でも94dBになるそうです。

94dBだと、先ほどのWHOの基準では週に2.5時間、1日あたり21分程度でオーバーしてしまいます。通勤通学だけでも超えそうですね。

 

80dB程度なら週に40時間という基準なので、この位の音量設定にしたいです。ただ実際に、自分が今聴いている音量が何dBか分かりませんよね。

WHOもまさにこの状況を課題認識しているようです。

そこで、スマホやMP3プレーヤーにdB(デシベル)表記をする旨を提案しています。

さらに、1週間にどれ位の時間、音楽を聴いたかも記録できるよう提案しています。

f:id:millennial:20190219221330p:plain

WHO ITU standard for safe listening devices EC approved2019 より

これだけ情報があれば、今週は大音量で音楽を聴きすぎているから控えようとか、普段からもう少し小さい音で音楽を聴こうとか、自分で見直せそうですよね。

 

耳にやさしいイヤホン・ヘッドホン

WHOの提言もあり、スマホや携帯音楽プレーヤーへの音量(dB : デシベル)表記はいずれ実現しそうですが、まだ標準装備されていません。なので自分たちで耳への負担を小さくする必要があります。

方策の一つとして、耳に差し込むイヤホンタイプより、頭にかぶせるヘッドホンタイプの方が、音量が約9db小さくなるという報告があります。

ヘッドホンの方が、耳への負担は小さいようです。

 

日常生活でヘッドホンは目立つから、イヤホンが良いという方もいると思います。

その場合、ノイズキャンセリングタイプが良さそうです。周囲の音をかき消してくれるので、音量設定を小さくしても十分に音楽を楽しむことができます。耳の負担軽減のためにも、ノイズキャンセリングヘッドホンは良さそうです。

 

難聴は、認知症やうつのリスク因子

難聴は、ただ聞こえにくくて生活に困るという以外にも、不具合があるそうです。

認知症は原因不明で予防できない病気というイメージがあるかもしれませんが、生活習慣次第で予防できるそうです。その一つの要素が「難聴」です。

難聴で認知症のリスク上昇? : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

 

人生100年時代、携帯音楽プレーヤーの音量設定やイヤホンを見直して、将来の難聴ひいては認知症のリスクを少しでもケアしてみてはいかがでしょうか!

地下鉄の車内と同じ位の音量(80dB)なら、週40時間聴いてもWHOの示す基準内です。私はひとまず、この位の音量をイメージして音量設定してみようと思います。

 

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村