ミレニアル世代のお金と健康

20代30代が”お金”と”健康”に関する知識を身につけて、人生100年時代をより自由に生きる

ミレニアル世代は、退職金ゼロ時代も念頭に置くべき

退職金がこの20年で、1,000万円近くダウンしたそうです。出典は厚生労働省の「就労条件総合調査」なので、特に偏った統計でもなさそうです。

大卒者の定年退職者(勤続20年以上かつ45歳以上)の退職金の平均額は、1997年の2871万円をピークに下がり続け、2017年は1788万円と20年間で1083万円も下がった。

headlines.yahoo.co.jp

”退職金でローンを返済し切って、夫婦でクルージングなど優雅な海外旅行に行き、残りは適度に資産運用しながら年金生活の足しにする。”

そんなビジョンが崩れつつあります。

ミレニアル世代の退職金

このまま下がり続けるとしたら、私たち20代30代のミレニアル世代が退職を迎える頃には退職金は幾ら貰えるのでしょうか。もしもこの20年と同じペースで減額していったら、33年で1,788万円ダウン。私たちが退職を迎える頃には、退職金ゼロになります。

極端なシミュレーションにも見えますが、退職金ゼロ時代の到来は十分に想定しておくべきだと考えます。先述の記事によると、退職金ゼロの会社は93年以降で倍以上に増えており、今や20%近くあるそうです。

退職金制度がない企業は93年には8.0%だったが、17年には19.5%に拡大している。

退職金が下がった要因は、年功序列の賃金制度から成果主義へとシフトしたことだと言われています。純粋に合理的に考えれば、成果に応じた賃金を支払うシステムは、非常に理にかなったものです。チームで働く上である程度のバランスは重要ですが、成果主義の流れはこの先も止まらないように思います。

成果を上げることが出来ないベテラン社員は、十分な給与も退職金も貰えない、そんな時代が来るかもしれません。

成果主義の行き着く果て

プロの世界は、究極的に成果主義が進んでいます。

プロ野球選手年棒ランキング (2018)

例えばプロ野球では、今シーズン最も高い年棒を貰うのは、現在29歳の菅野智之選手です。同じチームで比べても、40歳のレジェンド阿部選手や60歳の原監督よりも高い年棒を貰っています。

その他上位にランクする選手も、柳田選手30歳、坂本選手30歳、浅村選手28歳など30歳前後の選手ばかりです。

f:id:millennial:20190421230832p:plain

参考:https://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/474291/

日本将棋連盟 獲得賞金・対局料ベスト10 (2018)

「そりゃプロスポーツのような肉体競技は、30歳前後の若い選手が成績も良くて給料もいいだろう。私たちのビジネスの世界とは全然違うよ。」と思うかもしれません。

では頭脳で戦う将棋の世界はどうなのでしょうか。将棋というと、おじいちゃんの趣味。プロ棋士も、袴を着たおじさんのイメージです。

f:id:millennial:20190421230933p:plain

参考:https://www.shogi.or.jp/news/2019/02/201810.html

ところが賞金ランキングベスト10を見ると、40代3名、30代3名、20代4名とかなり若い棋士が上位にいます。50代60代でベスト10はゼロです。2017年も同じような傾向で、50代60代のベスト10はゼロでした。

肉体どころか頭脳までも、50代になると40代以下の世代に勝てないのかもしれません。

ビジネスの世界もいわばプロフェッショナルの世界です。もしかしたら、プロ野球やプロ棋士の世界と同じレベルの成果主義がやってくるのかもしれません。退職金ゼロも、一つの可能性としては想定しないといけないでしょう。

じぶん退職金のススメ

では退職金ゼロ時代をどう生き抜くか。

一つは、そもそも退職金などあてにせず、働けるだけ働き続けることです。政府の進める人生100年時代はまさにこの発想です。何も満員電車に乗って会社に行くだけが仕事ではありません。自分の得意なことを自分のペースでやって社会貢献して稼ぐことも立派な仕事です。

とはいえ、一定年齢を超えたら、どうしても働きたくない人もいるでしょう。そんな時は、「じぶん退職金」です。企業型の確定拠出型年金、iDeCo、つみたてNISAを活用して、稼げるうちに退職金を積立ておきます。

例えば、非課税枠を活用して毎月15,000円を平均的なインデックスファンド(平均年利5%とする)に35年間積立投資すれば、1,700万円になります。ちょうど今の大卒者の退職金とほぼ同額です。

余裕があれば、もっと投資するのもいいでしょう。複利のメリットを活かすには、とにかく早い時期から投資を始めることです。

www.millennial-s.com

20代30代にとって老後のことなんてまだまだ先のことに思えますが、退職金ゼロ時代を見据えれば、稼げている今のうちに資産形成を始めるのは急務です!退職金を貰ってから初めて資産運用のことを考えても遅すぎますし、そもそも私たちには退職金が貰えるかすらわかりません。

今が相場の流れ的に投資を始める時期か迷うかもしれませんが、投資を始める最高のタイミングは思い立った今この瞬間です!!

www.millennial-s.com