ミレニアル世代のお金と健康

20代30代が”お金”と”健康”に関する知識を身につけて、人生100年時代をより自由に生きる

花粉症の市販薬|コスパで考えるおすすめ商品

花粉症には辛いシーズンが始まっていますね。花粉さえなければ春は好きなんだけど・・・という方も多いのではないでしょうか。少し古いデータですが、もはや日本の国民病で、国民の約3割が花粉症というデータがあります。

平成22年度花粉症対策|厚生労働省

花粉症の市販薬の違いって何?

さて、花粉症の症状が出たら病院に行くと思いますが、なかなか時間が取れなくて市販薬に頼るという方もよくいると思います。

花粉症の市販薬といっても色々種類があって値段も違うけど、何が違うんだろう?と疑問に思ったことはありませんか。そこで、花粉症の市販薬について、メカニズムや価格の違いについてまとめてみました。

 

花粉症の薬のメカニズム

花粉症とは、花粉に反応して身体からヒスタミンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる物質が出ることで、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応が起きる現象です。

一般的な花粉症の市販薬は、このヒスタミンという物質の働きをブロックすることで、アレルギー反応を抑えます。この作用を持つ薬は、抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

第一世代抗ヒスタミン薬

名前の通り、古くからある薬です。抗アレルギー作用のエビデンスは確認されていますが、一般的に眠気や口の渇きなどの副作用も報告されています。

パブロン鼻炎カプセルSやエスタック鼻炎カプセル、プレコール鼻炎カプセルLなどの成分は、これに当てはまります。

 

第二世代抗ヒスタミン薬

名前の通り、新しい薬です。同じように抗アレルギー作用のエビデンスは確認されていますが、第一世代と比べて眠気や口の渇きなどの副作用が少ないことが報告されています。

アレグラやアレジオン、ザジテンなどの成分は、これに当てはまります。

こちらのHPが、わかりやすくメカニズムを説明しているように思います。

花粉症などのアレルギー症状にザジテンAL:グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社

本記事では、副作用が比較的少ないこの第二世代抗ヒスタミン薬のうち、ネットでも買える市販薬の値段の違いについて紹介します。

 

市販の第二世代抗ヒスタミン薬 価格ランキング

Amazonで買える、第二世代抗ヒスタミン薬(飲み薬)のうち、こちらの7種類について、1日分の値段が安い順にご紹介します。

第1位 アレジークHI 1日あたり46.3円

    成分:フェキソフェナジン

第2位 アレルビ 1日あたり62.5円

    成分:フェキソフェナジン

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

第3位 ストナリニZ 1日あたり84.3円

    成分:セチリジン塩酸塩

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 第4位 アレジオン 1日あたり104円

    成分:エピナスチン塩酸塩

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

第5位 アレグラ 1日あたり112円

    成分:フェキソフェナジン

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

第6位 ザジテン 1日あたり165円

    成分:ケトチフェン

第7位 コンタック鼻炎Z 1日あたり172円

    成分:セチリジン塩酸塩

結構値段が違いますよね。しかも同じ成分なのに価格が違うケースもあります。

その理由は何でしょうか?

 

アレジークHIは、ジェネリック医薬品

例えば第1位のアレジークHIも、CMでよく聞く第5位のアレグラも、成分はどちらも同じフェキソフェナジンという成分です。用法用量も同じ(1日2回各60mg)です。

理由の一つは、アレグラは先発医薬品、アレジークはジェネリック医薬品だからです。

- ジェネリック医薬品とは

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです。

このため、厚生労働省では平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し取組を進めてきました。さらに、平成27年6月の閣議決定において、平成29年央に70%以上とするとともに、平成30年度から平成32年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする、新たな数量シェア目標が定められました。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について |厚生労働省 より

 

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と一概に全く同じとは言えません。ただし同じ有効成分の薬ですし、厚生労働省も使用を促進しているので、コスパの良い薬として検討する価値はあると思います。

またアレグラは、市場のリーディング商品なので、ある程度の広告宣伝費を投入している分、コストが高くなっているのかもしれません。

そういう意味でも、ほとんど広告宣伝費を使っていないであろう、Amazon限定商品のアレジークHIは、コスト的にメリットのある薬だと思います。

 

花粉症の市販薬|薬価との比較

価格ランキングで紹介した薬の成分は、どれも医療用でも使われている成分です。

保険適用される医療用医薬品の場合、薬価といって、国が一定の基準のもとに横並びで薬の価格の目安を決めています。

市販薬の場合は、普通の商品と同じように、国ではなく企業が価格を決めています。

なので薬価と市販薬の価格を比較することでも、市販薬のコスパを考える上での参考になりそうです。国が決めた薬価が高いんだったら、何かしら高い理由があるわけで、同じ成分の市販薬の価格が高くても納得だよねという理屈です。

薬価については、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

http://www.okusuri110.jp/pc/yaka/yaka_top_search.html

右の列に[後]と記載したものは、ジェネリック医薬品です。

f:id:millennial:20190306230840p:plain

市販薬の価格と、薬価の違い

比較すると、先ほどのアレジークHIは薬価と市販薬の価格が釣り合っておりコスパが良いように感じます。またアレグラの市販薬は高めだけど、薬価も先発医薬品だから高いんだからまぁ納得かなという考え方もできそうです。

逆にストナリニ、コンタック、ザジテンは、薬価に対して市販薬の価格が2倍以上もあり、割高であるように感じます。

 

アレジークHI60錠(30日分)は、アレグラと同じ成分で半額より安い

アレジークHI60錠は、あまり知名度は高くないかもしれませんが、抗アレルギー作用のある市販薬として価格が魅力的な商品ではないでしょうか。

30錠入りが1,325円なのに対して、60錠入りが1,389円なので安すぎる気もしますが・・

こちらの記事も参考にして頂きつつ、薬局の薬剤師さんなどに相談しながら自分にあったコスパの良い薬を選ぶ一助になれば幸いです。

 

よろしければ、クリックいただけると励みになります!

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村